第6回平成26年

イオンモール岡山ソフトオープンに行ってきた話
~当たり前が実現できる企業力~

平成26年11月29日掲載

本日、2014年11月29日(土)は、イオンモール岡山のオープン日なのです。 今日のところはソフトオープン。グランドオープンは12月5日(金)とのこと。 仕事帰りにさっそく寄ってみたのです。

自転車置き場は有料だった

店外のイルミネーション
(右に進むと自転車置き場)

自転車置き場は有料だったのです。1回200円とのこと。置いた後は機械のところへ行き、番号を入力して駐輪券を発券する仕組み。 オープン初日だからか、係員が2~3人ほどいて説明してくれたのです(自転車置き場内に1~2人、発券機のところに1人)。 有料と聞いて迷ったものの、買い物をすると(たとえ1円の買い物でも)無料と言われ、とりあえず駐輪したのです。 タイヤをハメる仕組みで、狭いスペースに詰めているため、隣の自転車を斜めに傾けて隙間を広げないと自分の自転車が置けないのは短所。 でも、係員が置くのを手伝ってくれるからまあいいかというレベル。 というわけで、入店前の印象は、あまりよくない感じだったのです。

フロアガイドがもらえた

入口を入って、とりあえず広い!広い!広い!どちらへ歩いて行けばいいかわからずきょろきょろすると、案内所があったので「何か案内図のようなものはいただけますか?」と聞くと、フロアガイドがもらえたのです。 これは大変すごいことなのです。 一般的には下記のようなケースのほうが多いのです。

店舗内の案内は少なかったが、トイレとゴミ箱は多かった

店舗内を歩いたところ、案内図は絶対的に少ない。エスカレータを上がって最初に目に付く場所にその階の案内図がなく、見つけるのに苦労したり・・・。

でも適当に歩くとトイレはけっこうあり、けっこうきちんとしている印象。 分かりやすい場所にトイレがきちんとある店というのは意外に少ないので好印象なのです。

そして至る所にゴミ箱もあったのです。 自動販売機のすぐ横に空き缶捨て場がある店は多数あれど、自動販売機とは関係なく、店内の至る場所にゴミ箱があるというのは好印象なのです。 短期的には、ゴミ箱を設置するより「ポイ捨てはやめましょう」という看板を立てるほうが安上がり。でも、ポイ捨て禁止の看板がある商店街と、ゴミ箱が至る所にある店と、どちらに行きたいか、一目瞭然だと思うのです。

パンフレットはこまめに補充され、ゴミ箱もこまめに回収されていた

黄色・・・パンフレット
赤色・・・空のゴミ箱

店舗内の至る所にパンフレット(通常のフロアガイドと、お茶や食事ができる場所だけをまとめたグルメガイドの2種類)が置いてあり、客が次々持って帰っているにもかかわらず、右写真(黄色)のようにたくさん置かれているのです。 つまり、こまめに補充されているということなのです。

ゴミ箱も、ほとんどゴミがたまっていない状態(たとえば空き缶は数缶だけ)のところへ、係員が定期的に巡回してきてゴミを回収していったのです。 右写真はその結果空になったばかりのゴミ箱なのです。 普段、ファーストフード店で食べ終わったごみを捨てようとするとゴミ箱が溢れそうになっていたり・・・という場面に遭遇することが多いので、常に回収されているきれいなゴミ箱にはびっくりしたのです。

パンフレット置き場やゴミ箱を設置するだけでなく、パンフレットは少なくなる前に補充する、ゴミはたまる前に回収する、これを「メンテナンスする」というのです。 この当たり前ができている店は、大変すごいと思うのです。