第31回平成28年

ホワイトデーに缶ビール
~甘いものが苦手な方への義理チョコのお返しの選び方~

平成28年3月12日掲載

ホワイトデーがやってくる

3月14日はホワイトデー。 職場で義理チョコを受け取った方は、お返しを準備はお済みでしょうか?

私は例年のホワイトデーは、前の週に仕事を早く切り上げて、帰宅途中に岡山駅前の高島屋か、表町の天満屋(バスステーション併設の百貨店)で購入していたのですが、 今年は平日に仕事を早く切り上げるのに失敗したため、土曜日に天満屋ハピータウン岡南店(郊外の大型スーパー)に行ってみたのです。

酒のつまみがないかと思ったら、酒があった

写真は一例

職場で、とある方への義理チョコのお返しは、ビールが適切だと分かっているのです。 毎年、缶ビール売場で眺めながら、これを買ってどうやって包装しようか? 手先が不器用な自分には無理だ。 と自問自答して、結局、いわゆるホワイトデーの特設コーナーで普通のものを買ってお返ししていたのです。

今年は例年とは違う店なので(ときどき利用する店ではあるが、この店のホワイトデー特設コーナーを利用するのは初めて)、隅々まで見て回ったのです。 まさかビールがあるとは思っていなかったので、「酒のつまみになるチーズのようなもの」がないかと探していたら、・・・。

あれ? ビール発見! しかも綺麗にリボン付き。予算的にもOK。

というわけで、今年は無事にホワイトデーの準備ができたのです。

職場の義理チョコのお返しの予算と品物の決め方(参考までに)

ところで、私は以前、転職のつなぎ(のつもりが4年ぐらいお世話になったのですが)女性が極端に多い職場で派遣社員として働いていた時期があるのです。 当時は毎年いろいろな方から義理チョコ・義理バウムクーヘン・義理クッキー等をたくさんいただき、甘いものは好きだけれど自分で買うのは面倒な私には、なかなか自分で買う機会がないおいしいものが食べられるありがたい職場だったのです。

しかし、義理チョコをたくさんいただく職場は初めてだったので、お返しをどうしようかと考えた際に、「とりあえず、予算を決めなければ」と思い、2月14日のうち(重要!)に、いただいた義理チョコの値段を、ネットで検索したのです。 当日中は、商品名や品番等で検索すると値段が確認できたものの、翌日になると調査不能。 2月15日になると、Yahoo!やGoogleの検索結果にヒットしても、クリックした先は内容がバレンタイン特集からホワイトデー特集に差し替えられていて値段が調査できなくなるので要注意なのです。

あくまでも参考ですが、当時の私は、いただいた義理チョコの値段をもとに(相手が気を遣わない範囲で)少し値段が高いものという基準で予算を決めたのです。

品物については、(基本的には仕事上の接点しかない別の部署の方の好みは分からないので、)いただいた商品とは別のもの(義理チョコにはチョコ以外のもの、義理バウムクーヘンにはバウムクーヘン以外のもの)で決めたのです。

一番苦労したのは、よく世間話をする人で「焼き菓子(クッキー、マドレーヌ、などなど)」は苦手だと知っている人へのお返し。 あのときは、高島屋のホワイトデーコーナーを端から端まで見て回って、結局、不本意ながら(予算より安くて逆に困った)マシュマロをお返ししたのも、今となってはよい思い出なのです。

記事の目的

今回の記事は、「不意に女性だらけの職場に転職した男性が、義理チョコのお返しをする際の参考になれば」という趣旨で書いたのです。

・・・というのは建前で、「ホワイトデー特設コーナーを作る方の参考になれば。」というのが本音。 さらに言えば、クッキーなどの定番品以外が、職場の義理チョコへのお返しという値段帯で充実してくれたらありがたい、という要望を、どこかの店がかなえてくれないかという願いを込めて書いてみたのです。