第126回令和3(2021)年

タイムズカーシェアで車を借りた話
~カーシェアリングが便利(2)~

令和3年1月2日掲載
カーシェアリング大手「タイムズカーシェア」を利用した体験談を、全3回で掲載しています。今回は、利用方法と料金編です。
初回(シリーズの目次)はこちら

タイムズカーシェアの料金(全般)

タイムズカーシェアの料金を紹介します。なお料金はこの記事掲載時点(令和3年1月時点)・消費税込みで、キャンペーン価格などは反映していません。

タイムズカーシェアの料金

入会金(初回のみ)
1,650円(入会方法やキャンペーン等で無料になる場合有り)
月会費(毎月)
880円
(家族プランの場合は家族全員で880円、会員カードは家族の人数分発行)
(学生プランは入会から4年間無料です。4年経過後は月額料金が発生します。)
月会費の880円は当月の利用料金に充当できます(翌月以後への繰り越し不可)。
安心補償(利用するたびに発生・任意)
330円(予約時に、加入するかどうかを選択)
下記の利用料金に事故時の補償が含まれていますが、安心補償330円を追加すると、事故の際のNOC(ノンオペレーションチャージ20,000円又は50,000円)、タイヤパンク時の実費、レッカー等の費用が免除されます。
利用料金(利用するたびに発生)
車の車種に応じて、15分220円(ベーシック)、15分330円(ミドル)、15分440円(プレミアム)の3種類で、6時間、12時間などの単位で上限があるほか、18:00~翌朝9:00のナイトパックもあります。
例えばベーシック時間料金の場合、15分220円(ただし6時間4,290円、12時間6,490円、24時間8,690円などの上限が自動的に適用)です。6時間以上の利用では、利用開始時点からの走行距離に応じた距離料金(1km16円)がかかります。6時間以内の利用では距離料金は不要です。
ベーシックナイトパックの場合、18:00~翌朝9:00の間で2,640円です。別途、走行距離に応じた距離料金(1km16円)がかかります。
ガソリン代は料金に含まれます。レンタカーのように別途ガソリン代を自分で支払う必要はありません。

利用時間の計算方法

タイムズカーシェアの場合、「予約した開始時間」~「実際の返却時間」で、15分単位で料金が計算されます。そのため、予約の際は(渋滞や不意の予定変更に備えて)終了時刻を遅めに設定するのがお勧めです。

タイムズカーシェアの利用方法

1.車を予約する

パソコンやスマートフォンで、車の予約をします。駐車場や車を指定して予約することになります。初心者ドライバーの方は出入りしやすい駐車場を選びましょう。

予約画面で、ガソリン残量の目安や、安全装備(コーナーセンサーなど)が確認できます。運転レベルに応じて車を選びましょう。

2.車の利用方法(操作)を確認する

タイムズカーシェアのホームページに、車種ごとの利用方法の動画が掲載されています。初めての車種では確認しておくのがお勧めです。車幅・長さも掲載されていますので、見ておくと車両感覚をつかむ手助けになります。

3.会員カードで車を解錠し、利用開始

駐車場へ行き、予約した車(確認メールにナンバープレートの番号が掲載されています)を確認します。

側面又は背面の窓にカードリーダーが付いています。開始時刻の5~10分前にはカードリーダーの赤いランプが点灯するので利用できます(5~10分前に開始したとしても課金は予約時刻からです)。会員カードをタッチします(車のカギが開きます)。

助手席のグローブボックスからカギを取り出します(取り出さないとエンジンがかかりません)。座席やミラーの位置調整などを行い、利用開始します。

4.利用中のいろいろ

5.利用が終わったら、会員カードで車を施錠

元の駐車場の「タイムズカーシェア」の枠に返却します。車のカギは助手席のグローブボックスに戻します。

下車して、会員カードを車両側面又は背面の窓にカードリーダーにタッチしたら、カギがかかり返却完了です(返却のメールがすぐに届きます)。