第35回平成28年

バス停を通り過ぎてから停まるバス
~中鉄バスやめぐりんは素晴らしい~

平成28年12月28日掲載

岡山でバスを捕まえるのは大変

岡山でバスを捕まえるのは大変なのです。 当サイト「いそあ」の便利帳やコラムにも書いた通り、岡電バスに乗るためにバス停で待っていたがバスが近づきもせず減速もせず通り過ぎて行ったことは何度もあるのです。

それでは、岡山の、岡電バス以外のバスはどうなのかを、体験をもとに掲載したいと思うのです。

実例1.中鉄バスでの体験談(平成15年)

関連コラム

悪質な例(バス停を通り過ぎた上に停まりもしない、何の対応もしない、何度も繰り返す岡電バス)の記事をご覧になりたい方は、下記をご覧ください。

岡山大学筋バス停にて

いそあ管理人がまだ20代で若かった頃、夜間に「岡山大学筋」バス停から岡山駅方面へ向かうバスを待っていたのです。 そこへ中鉄バスの岡山駅経由中山下バスセンター(当時の中鉄バス本社のバス乗場)がやってきたのです(当時は岡電・中鉄の2社共同運行化される前)。 ところが、運転手は本社までバスを運行したら仕事が終わるということで気が緩んでいたのか、あるいは右折する直前のバス停のため右方向に気を取られていたのか、バス停を通り過ぎたのです。

このとき、バスは減速する気配がなく、バス停に近づく(左に寄る)気配もなかった。 バスが止まる気配がないことを事前に察知していたので、私は大きく息を吸って叫ぶ準備をして、バスが通りすぎると同時に「バス!」と叫んだのです。

結果、バス停を数十メートル(バス2台分ぐらいの長さ)通り過ぎて停車し、ドアが開いたのです。

バスに乗り込むと、運転手から謝られた。その後も、信号待ちのたびに私を見ながらぺこぺこ謝られた。降りる際にも謝られた。 念のために書くが、決して私が運転手を脅したり怒鳴りつけたとかいうことはない。 バス停を通り過ぎても乗ることができれば(本来はダメなのだが岡電バスに比べれば素晴らしいので)特に腹も立たず文句も言わずに席に座っただけなのですが、降りるまでの間、何度も何度も運転手から謝られた。

そして、中鉄バスがバス停を通り過ぎる体験をしたのは後にも先にもこの1度だけです。

実例2.八晃運輸(めぐりん)での体験談(平成25年)

大雲寺前バス停で左のバスから右のバスへ乗換え

平成25年のある日の朝、通勤のために自宅付近から岡電バス「天満屋・岡山駅行」に乗車していたのですが、大雲寺前バス停に近づく際に車内から後方を見ると、自家用車を数台はさんで後方に「めぐりん」が見えたのです。 そこで、大雲寺前バス停で岡電バスを降りて、めぐりんへ乗り換えることにしたのです。

大雲寺前にて

さて、大雲寺前で天満屋経由のバスを降りてバス1台分前方のめぐりんバス停へ急いで移動したのですが、めぐりんの姿が見えない。 前方(バスの進行方向)を見ても姿がないので、天満屋経由のバスを降りている最中に追い越されたわけではないようだ。 いま降りたバスの後方を覗き込もうとしたところで、目の前をめぐりんが通り過ぎて行った。 ただし、めぐりんの運転手は岡電バスの運転手と異なりバス停を見ながら通っていったので、バス停を数十メートル(バス3台分ぐらい)で停車してドアが開いた。 この時のめぐりんは、私が歩いてたどり着くまで待ち続け、乗車すると「すいません、見過ごしました。」と謝られ、降車の際も「ありがとうございました、すいません。」と謝られたのです。

そして、めぐりん(八晃運輸)がバス停を通り過ぎる体験をしたのは後にも先にもこの1度だけです。

中鉄バスやめぐりんは素晴らしい

さて、実例1.や実例2.は、本来であれば「中鉄バスや八晃運輸(めぐりん)でひどい目に遭った」という内容のはずなのですが、残念ながら岡山ではこのレベルは(そもそも止まらない岡電バスに比べれば)「たいへん素晴らしい、よいバス」ということになるのです。