環境定期券制度

土曜日や休日、年末年始、お盆期間に、家族で割安な運賃でバスを利用できる「環境定期券」のご紹介です。

環境定期券制度とは

定期券面本人は必須

定期券面本人のみ乗車する場合と、定期券面本人+同居家族が乗車する場合に、環境定期券制度による割安運賃100円~が適用されます。

定期券面本人を伴わずに家族のみで乗車する場合は、環境定期券制度は適用されません。

岡山では、平成11年5月22日(土)に導入された制度で、 大人運賃の通勤定期券をお持ちの方が、 土曜・休日、年末年始、お盆期間に、 定期券面と同じ会社のバスに乗車する際、 定期券面区間以外の範囲であっても、 現金100円で利用できる制度です。 定期券面本人が、同居する家族と一緒にバスに乗車する場合は、家族も1人100円(小人は50円でご利用になれます。

:宇野バス・中鉄バスの定期券で環境定期券制度をご利用の場合は、100円より高くなる場合があります。)

「環境定期券」という名前の定期券があるわけではありません。 各バス会社の、「大人」運賃の「通勤」定期券に、自動的に「環境定期券機能」がついてきます。 なお、路面電車の定期券は対象外です。

定期券の種類と環境定期券制度の適用可否
定期券の種類環境定期券制度が
適用されるかどうか
備考
路線バス
大人運賃
通勤定期券
路線バスの定期券には、岡電バスと路面電車の乗継定期券を含みます。
通勤定期券には、E-定期券や、パーク&バスライド定期券を含みます。
路面電車のみの定期券×左記に該当する定期券には、環境定期券制度は適用されません。
小人運賃の定期券
通学定期券
持参人定期券
ことぶきパス
サマーキッズパス
環境定期券制度が適用される人
環境定期券制度が
適用されるかどうか
備考
環境定期券制度が
適用される定期券の
定期券面本人
他の割引制度(ハレカカードの乗継割引や誕生日割引)の適用などにより、環境定期券制度による運賃よりも安く利用できる場合を除きます。
定期券面本人のみが乗車する場合(家族と同乗しない場合)も、環境定期券制度の対象です。
上記の定期券面本人と
同居する家族
(自己申告で、人数制限なし)
定期券面本人と、祖父母・両親・配偶者・兄弟・姉妹・子供が一緒にバスを利用する際に適用。
家族のみがバスに乗車して、定期券面本人を伴わない場合は、環境定期券制度の対象となりません。

環境定期券制度が利用できる日・期間

期間を問わず(一年中)、土曜日・日曜日・祝日に環境定期券制度が利用できます。また、下記の年末年始・お盆期間は、平日であっても利用できます。

環境定期券制度が利用できる日・期間
バス会社岡電バス両備バス下電バス宇野バス中鉄バス
適用日通年土曜日・日曜日・祝日
年末年始12月25日~翌1月7日の毎日12月29日~翌1月3日の毎日
お盆期間8月12日~8月16日の毎日8月13日~8月15日の毎日
岡電バスの定期券で、中鉄バスの国道53号線(岡電・中鉄共同運行便)に乗車する場合も環境定期券制度が適用されます。この場合は岡電バスの制度が適用されますので、年末年始・お盆期間については岡電バスの欄をご覧下さい。
備北バス、井笠バスでも同様の制度があります。

環境定期券制度を利用する場合の運賃

大人100円、小人50円です。ただし、宇野バスで210円以上の区間、中鉄バスで500円以上の区間においてはこの限りではありません。

なお、環境定期券制度での運賃は、現金でお支払い下さい。ICカード・バスカード等での支払いは出来ません。

環境定期券制度での運賃
バス会社岡電バス両備バス下電バス宇野バス中鉄バス
定期券面
本人
運賃
定期券面
区間内
定期券面区間内では追加運賃不要
(通常通り)
定期券面
区間外
現金
100円※1
現金
100円より※2
現金
100円より※3
同乗する
同居家族

運賃
定期券面
区間内
現金
100円※1
現金
100円より※2
現金
100円より※3
定期券面
区間外
岡電バスの定期券で、中鉄バスの国道53号線(岡電・中鉄共同運行便)に乗車する場合も環境定期券制度が適用されます。この場合は岡電バスの制度が適用されますので、岡電バスの欄の金額をご覧下さい。
備北バス、井笠バスでも同様の制度があります。
※1 小人は半額の50円です。また、割引運賃適用者(障碍者)は、大人50円・小人30円です。
※2 通常運賃の半額です。ただし最低運賃は大人100円・小人50円(割引運賃適用者(障碍者の場合は大人50円・小人30円)です。下の表をご覧下さい。
※3 区間によって異なります。下の表をご覧下さい。
(※2)宇野バスの環境定期券利用による運賃例
通常大人運賃大人小人割引運賃適用者
大人小人
100~200円区間100円50円50円30円
210~220円区間110円60円60円30円
230~240円区間120円60円60円30円
250~260円区間130円70円70円40円
・・・( 中略 )
1,090~1,100円区間550円280円280円140円
(※3)中鉄バスの環境定期券利用による運賃
通常大人運賃大人小人割引運賃適用者
大人小人
100~490円区間100円50円50円30円
500~990円区間200円100円100円50円
1,000~1,490円区間300円150円150円80円
1,500~1,990円区間400円200円200円100円
2,000~2,490円区間500円250円250円130円
2,500~2,990円区間600円300円300円150円
3,000~円区間700円350円350円180円

環境定期券制度が利用できるバス

定期券面のバス会社と同じ会社のバスに乗車する際に、環境定期券制度が利用できます(路面電車は対象外です)。 ただし次の場合は、異なるバス会社であっても環境定期券制度が利用できます。

次のバス・区間に乗車する場合は、環境定期券制度は利用できません。通常の運賃をお支払い下さい。

環境定期券制度の利用例

例として、岡電バスの「岡山駅~県庁前」の大人運賃の通勤定期券をお持ちの方が、家族と一緒にバスに乗車する場合の運賃は、次のようになります。

合計運賃は、父(定期券所持者)、母、兄(中学生・大人運賃)、妹(小学生・小人運賃)の計4人で乗車した場合の金額です。 表中で、「現金」と記載している箇所が、環境定期券制度が適用された運賃です。

例1:岡山駅~県庁前を乗車した場合
(定期券面区間内
バス会社利用日定期券面
本人の運賃
同居家族
の運賃
合計運賃例
(定期券面の
バス会社)
岡電バスに
乗車した場合
環境定期券
適用日
0円※1 現金
100円
※2×人数
現金
250円
※2
適用日以外 120円※3×人数 300円
(相互利用の
バス会社)
両備バスに
乗車した場合
環境定期券
適用日
0円※1 120円※4×人数 300円
適用日以外
表中の金額は、大人・片道の場合です。小人は半額で、5円の端数は10円単位に切り上げです。
なお、120円は、岡山駅~県庁前の運賃です。
※1 定期券面区間内のため、追加料金は不要です。
※2 環境定期券制度による特別運賃です。現金払いのみ可能です(ICカード・バスカード等での支払いは不可)。
※3 環境定期券制度が適用されない場合は、定期券面本人以外は通常運賃が必要です。
※4 岡電バスの定期券で両備バスに乗車できる制度は、環境定期券は対象外です。
例2:岡山駅~築港新町(シネマタウン岡南の最寄りバス停)を乗車した場合
(定期券面区間外
バス会社利用日定期券面
本人の運賃
同居家族
の運賃
合計運賃例
(定期券面の
バス会社)
岡電バスに
乗車した場合
環境定期券
適用日
現金
100円
※1
現金
100円
※1×人数
現金
350円
※1
適用日以外 360円※2
又は
400円※3
400円※4×人数 1,360円
又は
1,400円
(相互利用の
バス会社)
両備バスに
乗車した場合
環境定期券
適用日
360円※2 400円※5×人数 1,360円
適用日以外
表中の金額は、大人・片道の場合です。小人は半額で、5円の端数は10円単位に切り上げです。
なお、400円は岡山駅~築港新町の運賃です。
※1 環境定期券制度による特別運賃です。現金払いのみ可能です(ICカード・バスカード等での支払いは不可)。
※2 天満屋経由のバスに乗車した際に、定期券面区間からはみ出す区間(天満屋~築港新町)の運賃です。
※3 市役所経由のバスに乗車した際に、定期券面区間からはみ出す区間(林原駐車場前~築港新町)の運賃です。
※4 環境定期券制度が適用されない場合は、定期券面本人以外は通常運賃が必要です。
※5 岡電バスの定期券で両備バスに乗車できる制度は、環境定期券は対象外です。