第82回平成31(2019)年

ポケモンGO台南イベントへ行った話(準備編)
~岡山から関空経由で高雄・台南旅行(1)~

平成31年1月1日掲載
平成30年10月31~11月2日に岡山駅から関西空港経由で高雄・台南(台湾南部の都市)へ旅行した記録を、全10回で掲載しています。初回は、旅行のきっかけと航空券の購入編です。ポケモンGOと題していますが、ポケモンの内容は割愛。海外のイベントに行く際の交通手段の調べ方の参考になれば幸いです。

平成30年11月に台湾の台南市でポケモンGOのイベントが開催された

友人が台南に行きたいと言い出した

台湾の南部の都市「台南」で、ポケモンGOのイベント「Pokémon GO Safari Zone in Tainan」が開催されたのです。期間は平成30(2018)年11月1~5日の5日間。普段からポケモンGOをしている友人が、「行きたいけれど、海外へ行ったことがないので不安だ(そもそも行き方が分からない)」というので、自分(ポケモンGOをしていない)も一緒に行くことにしたのです。

友人と自分の両方の仕事の都合を勘案して、旅行日は10月31日(水)~11月2日(金)の3日間になったのです。

岡山から台南への行き方は大きく2通り

日本各地から台湾への飛行機は、大部分が首都「台北」行きなのです。台湾南部の都市「高雄」へ向かう便は成田、関空など一部の空港から出ているだけ。イベント会場最寄りの「台南」空港へ行く便は関西空港からの週2往復のみ。

そこで、岡山空港から台北へ向かい宿泊し、2日目に台北~台南を台湾新幹線で移動するルートを提案したのです。

ところが友人が、3日目(=帰国日)も可能な限り台南市内に滞在してポケモンを捕まえたいと言うので、岡山空港の利用をあきらめ、関西空港から台湾南部へ直接向かうことにしたのです。

岡山駅西口~岡山空港~台北の桃園空港~台南市内(←友人に却下された案)
特徴/飛行機の時間を考慮すると、2泊ともに台北市内で宿泊することになる。1・3日目は岡山⇔台北の移動、2日目に台北⇔台南市内を新幹線で往復するコース。
長所/岡山駅西口を午後出発、夕方帰国のため、体が楽。岡山空港~桃園空港の飛行機は以前に利用したことがあるので不安が少ない。
短所/台南への滞在時間が短い(ポケモンを捕まえる時間が少ない)。台湾で台北~台南の長距離移動をするので交通機関のトラブルが心配。
岡山駅西口~関西空港~台湾南部の空港(高雄空港または台南空港)~台南市内(←採用)
特徴/2泊とも台南市内に宿泊。1・3日目に岡山⇔関空⇔台南の移動。1日目夕方~3日目午前まで台南に滞在。
長所/台南への滞在時間が長い(ポケモンを捕まえる時間が長い)。現地(=外国)での移動距離が少ないので安心(バスや鉄道の乗り方に迷ったらタクシーで解決できる程度の距離)。
短所/日本国内での移動距離が長い。岡山駅西口を早朝発、3日目の帰国後に岡山駅に到着するのが深夜のハードスケジュール。

10月上旬に準備を始めて間に合った

航空券の比較検討

ツアーなどの場合はかなり早めに準備する必要があるようですが、個人手配の場合はギリギリでも間に合うのです。今回は友人が初めての海外のためパスポートの準備も必要でしたが、10月上旬から準備を始めても十分間に合ったのです(とはいえ、早めに予約した方が安くなる傾向はあります、またパスポートの発行はスムーズに行えたとして1週間程度かかります)。

日本から台南市へ向かうには、台南市よりやや南の高雄空港利用が一般的のようだったので、当初は関空⇔高雄の往復で航空券を調べたのです。

というわけで困ったのですが、チャイナエアラインの運航路線・時刻を調べていたら、往路と復路で台湾側の空港を変えて、行き:関空⇒高雄、帰り:台南⇒関空にすれば、滞在時間が長くできる上に価格も手ごろ(往復40,000円以下)と分かったのです。しかも予約に必要なパスポートの情報は英字の氏名のみだったので、急いで予約したのです(予約時点で友人のパスポートが未発行でも問題なかった、空港でチェックイン時に初めてパスポートを提示した)。

チャイナエアライン(中華航空)で航空券を購入

ちなみにチャイナエアラインの関空(大阪)⇔台湾南部(高雄または台南)の運航スケジュール(旅行当日)は、下記のように、同時刻でも曜日によって行先が高雄か台南か異なっていたのです(が実際に利用した便)。

関空(大阪)発→台湾南部行
関空 11:40発 高雄行(火・金以外に運航)
 関空 11:40発 台南行(火・金のみ運航)
 関空 20:05発 高雄行(月曜以外に運航)
台湾南部発→関空(大阪)行
 高雄 7:00発→関空行(毎日運航)
 高雄 15:25発→関空行(月・火・金以外に運航)
台南 15:25発→関空行(火・金のみ運航)

私はいつも、航空会社のホームページで航空券を直接購入しているのです。というわけで、チャイナエアライン(中華航空)(https://www.china-airlines.com/jp/jp)のホームページで予約したのです。

一般的には、出発地と目的地を入力して「往復」を選ぶところですが、今回は往路と復路が異なるので、「複数都市と途中降機」を選び、

の組み合わせで予約したのです。

関西空港~高雄・台南の航空券代金の内訳

支払い金額は、1人分が往路・復路計37,470円だったのです。内訳は次の通り(LCCではないので、機内食、座席指定、30kgまでの預け荷物を含む価格です)。